扱う病気について

【悪性中皮腫について】

●悪性胸膜中皮腫に対するREIC遺伝子治療について

REIC遺伝子発現アデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療は、癌細胞だけを選択的に死滅させる作用と宿主の抗腫瘍免疫を増強させる作用が同時に期待できる新しい治療法です。

Reduced Expression in Immortalized Cells/Dickkopf-3(REIC/Dkk-3)遺伝子は2000年に岡山大学で発見された新しい癌抑制遺伝子です。REIC遺伝子は正常な細胞では普通に発現していますが、種々の癌細胞でその発現が低下しており、これらの癌細胞にREIC遺伝子を発現させると、癌細胞選択的にアポトーシス(死滅)が誘導されました。
動物実験において、様々な癌腫で、REIC遺伝子を発現させることにより、
(1) 遺伝子を投与した局所における癌細胞選択的なアポトーシス誘導が確認されるとともに、
(2) 全身における腫瘍免疫の増強効果(抗がん免疫の活性化)も確認されました。
また、治療実験および安全性実験などの動物実験においては、問題となるような有害事象は発生していません。我々は、悪性胸膜中皮腫においても、動物実験でREIC遺伝子治療による抗腫瘍効果を確認しております。

これらの基礎研究結果をふまえ、岡山大学病院では、前立腺癌に対して、REIC遺伝子治療臨床研究を平成23年1月25日に、第一例目の患者様に対して治療を開始し、平成26年5月現在までに23名の患者様に治療を実施し、安全性と有効性が確認されつつあります。
悪性胸膜中皮腫に対するREIC遺伝子治療の実施については平成26年2月18日に開催された厚生科学会議科学技術部会で承認され、現在登録募集中となっております。
悪性胸膜中皮腫に対するREIC遺伝子治療臨床研究の概要については、以下のデータベース(医療関係者向け)もご参照下さい。

UMIN臨床試験登録システム

胸部悪性腫瘍に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

【お問い合わせ方法】

REIC遺伝子発現アデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療を希望される患者様やそのご家族、もしくは患者様の担当医の先生は、まず以下の「患者様向け問い合わせシート」や「担当医向け問い合わせシート」をダウンロードして必要項目を記入していただき、岡山大学臨床遺伝子医療学教室まで、郵送またはFAX、もしくはEメールでお送りください。
記入されたデータを臨床遺伝子医療学/呼吸器・乳腺内分泌外科学スタッフが検討し、遺伝子治療の適応があるかどうか折り返しご連絡致します。

患者様向け問い合わせシート (Wordファイル)
担当医向け問い合わせシート (Wordファイル)

問い合わせ先
〒700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学教室
TEL: 086-235-7436
FAX: 086-235-7437
E-mail: cgm@okayama-u.ac.jp

担当:豊岡伸一(臨床遺伝子医療学教授)
宗 淳一(呼吸器外科講師)
山本寛斉(呼吸器外科助教)
牧 佑歩(呼吸器外科助教)

※正確かつ迅速な対応をさせていただくために、できるだけ問い合わせシートをご利用いただきますようご協力お願い申し上げます。