岡山大学外科研修プログラムについて

岡山大学病院では3教室(呼吸器・乳腺内分泌外科学、消化器外科学、心臓血管外科学)が6診療科を担当しています。

これら3教室が合同で外科研修プログラムを提供します。

いわゆる医局に入局することなく、初期研修から後期研修までを岡山大学病院とその関連病院で幅広く行います。 まさに、外科医の真価が問われる時代の外科医養成プログラムです。

この外科研修プログラムを提供するのが、岡山大学外科研修マネージメントセンター(外科MC)です。

早く一人前の外科医になりたいという夢を実現させるよう大事に育てます。
この外科MCでは最初から何外科に進むかを決める必要はありません。 研修の途中で色々良いところ、悪いところ、好きなところ、辛いところも見えてきます。その中で自分の進むべき道を見つけてください。 そういう意味では外科MCの先には無限の広がりがあります。

外科の研修は決して楽ではありません。一人だけの孤独な研修をスタートさせたのではきっと5-6年目で不安になると思います。外科MCの仲間と支え合い、切磋琢磨しながら一流の外科医を目指してもらいたいと思います。

岡山大学外科研修の特徴

1. 長期間にわたるバックアップ

2. 個人のプランに合わせたキャリアパスの提供

  • ● 学位取得のための研究の奨励
  • ● 国内外への留学

3. 途中の進路変更への対応

  • ● 乳腺内分泌外科 ⇔ 一般外科 ⇔ 心外・呼外 ⇔ 消化器外科

4. 医局行事参加を奨励

  • ● 医局対抗、レガッタ、医局旅行、忘年会など

研修の流れ 〜初期研修から専門医まで〜

まず初期研修を岡山大学病院あるいはその他の研修病院からスタートさせます。
2年目以降もいわゆる臨床研修病院で初期研修が終了したあとは、外科の専門研修に入ることになります。そこでいろんな診療科を経験しなければなりません。
一つの病院で研修するよりは、できれば2-3病院をローテーションすることで、いろんな手技、考え方を学んでほしいと思います。また大病院だけではなく人数の少ない中小規模の病院でも研修することも必要です。人数が少ない分責任が重くなりますので、自分の技量も高めることができます。また小規模病院が担う役割も学べますので、地域医療についても理解を深めるよい機会になります。
修練の4年目以降で筆記試験を受けることができ、5年目以降で認定試験となる口頭試問、面接を受けることとなり、合格すれば晴れて外科専門医となります。

その後サブスペシャリティの研修に入ることになりますが、できれば切った貼っただけの外科医になるのではなく、大学院へ進学して科学的な思考も学んでほしいと考えます。 岡山大学の特徴として、学生や研修医の段階で研究を開始できるART PROGRAMがあります。早くから大学院に進学するのも一つの手です。後期研修の途中から大学院に進むこともできます。大学院では外科のいずれかの教室で3-4年在籍し、研究を行、学位を取得します。その後専門研修に進んだり、関連病院に赴任したり、海外へ留学したり、大学の教官になるなど、色々な道があります。

研修病院

これまでの外科MCに登録した研修医の研修病院先です。
青色は現在研修中の後期研修医がいる病院)

都道府県 施設名
岡山県 岡山大学病院津山中央病院岡山労災病院岡山済生会病院
岡山赤十字病院岡山医療センター岡山市立市民病院
広島県 広島市民病院尾道市民病院福山市民病院福山医療センター、福山第一病院、中国中央病院
香川県 香川県立中央病院三豊総合病院香川労災病院
兵庫県 姫路赤十字病院赤穂中央病院姫路聖マリア病院神戸医療センター西市民病院
上記以外の
関連病院・
研修可能病院
鳥取市民病院、岩国医療センター、山口宇部医療センター、松山市民病院、愛媛大学病院、
四国がんセンター済生会今治病院住友別子病院近森病院高知医療センター、新東京病院、
自治医科大学、国立がん研究センター中央病院、国立がん研究センター東病院
関連外病院 沖縄県立南部医療センター、NTT関東病院、都立広尾病院、倉敷中央病院、石巻赤十字病院、
淡路病院、麻生飯塚病院、武田総合病院、神戸医療センター中央病院

外科MCと研修医とのかかわり

1. まず外科MCに登録

研修を開始する前にまず登録をしてもらいます。
現在、約100名が登録して研修中です。

2. 定期セミナーを開催(年2回)

年に2回ほど研究会・セミナーを開催しています。
それに参加することで研修中の外科医と交流できますし、お互い切磋琢磨することとなります。
また多くの指導医と懇親して交流することができます。

3. 手術経験,学術業績を毎年報告

手術経験や学会発表、論文発表の学術業績を毎年報告してもらいます。
専門医資格というのはこのような研修が一定のレベルに達したかどうかが判断されますので重要です。自分の到達度を自覚できますので、自然と努力が促されます。

4. 研修実績に基づいて研修施設の斡旋

もし研修実績が不十分という場合には、不足している研修ができる病院にローテーションできるよう斡旋します。

5. 後期研修終了後の進路の斡旋

後期研修の後は大学院へ進学することをお勧めします。
さらなる専門研修に進むことも、国内外へ留学することも可能です。

お問い合わせ

外科後期研修医募集についてのお問い合わせ・お申し込みにつきましては、以下の電話番号・FAX番号・Eメールよりご連絡下さいませ。


 〒700-8558
 岡山県岡山市北区鹿田町2−5−1
 岡山大学医歯薬学総合研究科呼吸器・乳腺内分泌外科
 後期研修医募集 係

 後期研修コーディネーター(山根